電力会社をどうしている?アンケートをやっています

2017年5月8日 11時16分 | カテゴリー: 活動報告

厚木ネットでは「パワーシフト・見える化アクション」に取組んでいます。その一環でゴールデンウイーク中に簡単なアンケートをお願いしながら皆さんの声を聞きました。3.11からすでに6年が過ぎ、福島原発事故の記憶も日常生活の中では薄くなりつつあるのかと感じています。しかし地震の多い国であるにも関わらず川内原発や伊方原発の再稼働となったことや、何一つ進展していない使用済み燃料の最終処分場に対する政府の取組みに疑問を持つ声を多く聞きました。

お願いしたアンケートの集計中の一部です。対象30人のうち電力会社を変えた方は3人。その理由は反原発の立場から自然エネルギーがいいから。電力会社を変えていない方は27人。変えない理由は①現状で満足だから…5人、②よくわからないから…10人、③その他…11人【理由:検討中、今後引っ越しする可能性がある、変更時の内容がわからない、家族が少なくあまり電気を使わない、迷っている】今後、電力会社を変えたいと思うか ①自然エネルギーの電力会社にしたい…10人、②電気代が安くなる会社にしたい…7人、③変えるつもりはない…9人  詳しい情報を求める方は7人

変えていない方の多くは、よくわからないという理由です。また家族数の減少や自身の高齢化による転居を考えている方も変更に踏み切れていない様子です。電力会社を変えたい理由では、自然エネルギーを念頭に置く方や電気代が安い会社へとの理由でした。

電力自由化となり1年が過ぎましたが、実際の切り替え実績は5%程度のようです。アンケートをやってみて、やはり情報が伝わっていないことが大きな要因のようです。昨年の4月頃には「新電力に変えることでこんなにお得‼」の宣伝が繰り返されていましたが、ほとんどの方がそれに乗じることはなかったようです。原発に依存しないエネルギー利用を進めるにはやはり十分な情報を継続して提供することが必要です。