厚木の映画館について

2017年1月29日 15時42分 | カテゴリー: 活動報告

厚木には映画館は1カ所しかありません。パルコが撤退した時にいったん映画館も閉鎖となり、映画館のない街となりました。そして旧パルコビルが‘アミューあつぎ’として再スタート時に、ぜひ映画館を残してほしいとの多くの市民の声を受けて、約3年。現在に至っています。私も時々映画を見に行っていますがいつも観客は数人。多くて10人程度の状況でした。このままで本当にやっていけるのだろうかとの不安の声を聞くこともままあり、気がかりな場所でした。ところが今回「湯を沸かすほどの熱い愛」の上映が監督のトークと共にあるというので行ってみると、ほぼ満席となっていて、やれやれと感じたところです。

近くには海老名にシネコンがあり集客数ではとうてい太刀打ちできないのは明白ですが、作品の良さなどでファンが増えているようです。2月の映画祭の企画などで一層盛り上がることを期待します。映画館がほしいとの声に応えて残ったこの館を今後育てていくのは市民の力によるところが多いです。まちづくりというと要望ばかりを出しがちですが、支えていく市民の日常の行動こそが必要なことだと感じます。積極的に関わることはまちづくりへの参加につながりますね。__ 1 __ 2