介護保険制度に関する公開質問~県内全自治体にむけて

2016年9月19日 17時19分 | カテゴリー: 活動報告

豊洲の埋め立てのニュースに隠れてしまっていますが、現在社会保険審議会介護保険部会では次期介護保険制度の改定に向けて議論が進められています。今年末を目処に方向性が決まるということですが、市民が情報を得ることは難しく、審議の場に現場の声がどれほど届いているか疑問です。いざとなった時に使えない保険制度では困ります。

この夏の参議院選挙を控えた時期に、介護保険制度改定の議論は選挙後に一気に進むであろうということを聞き、神奈川ネットでは県内33全自治体に向けて公開質問状を出し回答を得ました。その結果をまとめた報告書ができました。

各自治体にまず電話で趣旨を説明し、アンケートをお願いしたところほとんどがメール対応でしたが、いくつかの自治体はファクスまたは郵送での対応を希望されました。締め切りを守ってくださったところは多かったようです。お忙しい中ご協力いただいたことはありがたく思います。内容は10項目で、2015年の制度改定で進められることになった介護予防・日常生活支援総合事業の取り組みについて伺いましたが、制度の改定のたびに複雑化する制度に対して、多くの自治体が懸念を抱きながらも、国の動向を観ているという現状が見えてきました。保険者である自治体の主体的な取り組みに期待をしてきましたが、その一歩を踏みだし兼ねているともとれます。当事者市民が置き去りにされることなく、高齢者施策への地域に即した積極的な関与が必要です。

そこで介護保険改定に向けてフォーラムを開催します。どうぞおいでください。

日時:11月11日(介護の日)18時より(予定) 場所:横浜開港記念館   講演:鏡 諭さん(淑徳大学教授) ほかに現場からの報告・意見交換など    *参加をご希望の方は厚木市民自治をめざす会(厚木ネット)または神奈川ネットまで

写真 2写真 1