「夕焼け市」

2015年5月29日 13時15分 | カテゴリー: 活動報告

   厚木市荻野運動公園で4月~10月にかけて毎週水曜日の夕方開催されている「夕焼け市」では、地場産の新鮮な季節の野菜を中心に大変な賑わい見せています。出店者はあらかじめ登録制で、農家の方、お豆腐屋さん、パン屋さん、おせんべい屋さん等々が車を乗り付けて開店しています。早くから買い物しようと多く方が並んで午後5時の販売開始を待っている様子を見ているのも、なかなか楽しいものです。久しぶりに今週行ってみたら、なんと開店10分ほどで完売のお店もあり、売り手買い手のやり取りの面白さに、スーパーでは味わえないあたたかさを感じました。

 今市内では買い物に不自由を感じる地域が増えてきています。団地造成と共ににぎわったスーパーも閉店し、高齢化で外出が困難になったため不自由な生活を余儀なくされる方もあり、対策が急がれます。移動販売車の活用やコンビニの誘致など進めている地域もありますが、地域のお店を地域の人で買い支える努力も一方では必要ではないでしょうか。夕焼け市もたくさんの人出があるからこそ継続できるのであって、閑散としていてはこれも無くなってしまいます。

(写真:これだけで800円)